【更年期障害について】

男女ともに40歳を過ぎた頃から見られる、様々な体調の不良や情緒不安定などの症状をまとめて更年期障害と呼びますが、原因は、性ホルモンの分泌量の低下です。女性の場合は、閉経期前後の約10年間に卵巣ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することによって症状が現れます。男性の場合は、30歳以降睾丸ホルモンであるテストステロンの分泌が減少し始め40歳代後半で症状が現れることがありますが、女性の場合と較べ分泌量の変化が緩やかなため老化現象の一部と認識されて気付かれないことが多いようです。近年男性のこの症候群は、男性加齢性腺機能低下症(LOH症候群)として注目されています。

 

当院では、女性更年期には、保険診療でのホルモン補充療法やプラセンタ療法(保険治療および自由診療)詳細についてはこちらをご参照ください。

 

男性更年期には、自由診療でのホルモン補充療法を行っています

詳細についてはこちらをご参照ください。