喘息の特徴とは?どんな症状だと受診が必要? 喘息の基礎知識

喘息、という言葉はよく耳にしますが、具体的にどんな症状なのでしょうか。喘息の特徴をご紹介していきます。

【喘息って何?】
咳が続いて喘息を心配される患者さん、親御さんも多いかと思います。
そもそも喘息とはどんな病気でしょうか。
正確には気管支喘息と言いますが、急に空気の通り道となる気管支が狭くなってしまい、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」し始めて呼吸が苦しくなる状態(いわゆる発作)を繰り返す病気です。気管支喘息では、気管支に慢性的な炎症が起こっていて、この炎症のために簡単な刺激が入っただけでも、粘液(痰)が分泌されたり、気管支が狭くなってしまい発作が起こります。
そのため、炎症を治さない限りいつまでも発作が出現します。さらに、長く炎症が続いてしまうと気管支自体が硬くなって戻らなくなり、治療が難しくなります。そこで炎症を日ごろから抑えておくのが重要です。

 

【喘息を予防するには?】
喘息の悪化原因にはいろいろありますが、代表的な物は以下のようなものです。
原因を避けるようにすると良いでしょう。
・風邪などの感染症 ・ダニやペットの毛など(吸入タイプのアレルゲン) ・天候や大気汚染
・受動喫煙 ・激しい運動 ・カビ ・ストレス などとくにお子さんの場合は、体力をつけることも重要です。また肥満が増悪の原因となることもあります。
生活習慣にも気を付けましょう。

 

【喘息の治療】
それでも、喘息発作が出てしまうことがあると思います。
そこで薬を使用して発作が出ないようにコントロールします。
喘息治療は発作が出た時に対応するのはもちろんですが、発作が出ないようにコントロールするのが大切です。
治療は吸入や内服を用います。発作がひどい時に使う薬と、状態が良い時に使う薬とがあります。
重症の発作では入院して点滴や、呼吸器によるサポートが必要になるケースもあります。
以前は死者が出ることもありましたが、最近では治療が進歩して、死亡に至るケースは減りました。

 

 

【こんな時は気を付けて】
大人の方であれば、自分である程度判断できると思いますが、お薬を使っても苦しくて発作が収まらない場合は、すぐに医療機関を受診してください。
お子さんの場合は、周りの人が判断する必要があります。以下、ご参考にしてください。

 

●強い喘息発作のサイン
小児

  • 遊べない、話せない、歩けない、食べられない、眠れない

  • 顔色が悪い、ボーっとして興奮している

  • 強い「ゼーゼー」がある、ろっ骨の間がはっきりとへこむ、脈がとても速い など

乳幼児

  • 母乳やミルクが飲めない、咳き込みで眠れない

  • 唇や顔色が悪い、機嫌が悪くて興奮して泣き叫ぶ

  • 激しく咳き込み嘔吐する

  • 息を吐く特に強い「ヒューヒュー」「ゼーゼー」「ゼロゼロ」やうなり声がある

  • 呼吸が速い・あらい、息を吸うときにろっ骨の間などがはっきりへこむ、小鼻が開く

  • 胸の動きがいつもと違う など

びやじま内科医院は江東区・大島で長年、喘息治療に貢献してきました。
呼吸機能検査やレントゲンなどの検査も行って、適切な介入を行います。
喘息が心配であるというだけでも結構です。何かあればお気軽にご相談ください。

 
 
 
 

土日も診察

​駅近徒歩1分

都営新宿線

大島駅A5出口より徒歩1分

内科・呼吸器科・皮膚科・アレルギー科・泌尿器科

びやじま内科医院

〒136-0072 東京都江東区大島5-36-7白石ビル2F

​​TEL:03-5628-0571