漢方治療の良さってなに?医療に欠かせない存在になった漢方

日本の伝統医学でもあるにも関わらず、戦前に日本から排斥されてしまった漢方医学。

しかし、近年改めて注目をされるようになり、現代医療においては西洋薬とともに漢方薬が欠かせないものになってきています。

【漢方って何?】
漢方とは日本に現代医学が入ってくる前に、独自に育まれた伝統医療です。元は中国の伝統医療(中医学)ですが、国内で独自の進化を遂げました。

 

【漢方って効くの?】
一時期、排斥された漢方医療ですが、昨今その効果を見直されて、科学的根拠が蓄積されたり、国内外で広く使われものも出てきています。

 

【漢方はどんな時に効くの?】
西洋医学では治療が難しいといわれている疾患が漢方医学では治療対象となる場合があり、
漢方薬と西洋薬が一緒に使われているケースもあります。例えば、手足の冷え、なんとなく元気が出ない、イライラしてしまうなど、
西洋医学的アプローチでは、介入すべき術がないことも多いです。
それに対して、漢方薬は相補的に働いてくれます。
西洋医学が苦手とするこのような訴えは、まさに漢方薬の得意な所です。他にも、便秘や、風邪症状、花粉症など漢方がよく用いられます。まさに両者の融合が治療現場の最先端であるといえるでしょう。

 

びやじま内科医院では漢方診療も行っております。
WEBや電話での予約も可能です。ご相談があれば、お気軽にお電話ください。

 

土日も診察

​駅近徒歩1分

都営新宿線

大島駅A5出口より徒歩1分

内科・呼吸器科・皮膚科・アレルギー科・泌尿器科

びやじま内科医院

〒136-0072 東京都江東区大島5-36-7白石ビル2F

​​TEL:03-5628-0571