水虫(足白癬症)

水虫(足白癬症)とは

水虫は俗称で、正式には白癬症と言います。足にできれば足白癬症です。この足白癬は白癬菌という真菌(カビ)が足の皮膚の角質層に入り込み、そこで繁殖することによって起きる病気です。白癬菌は高温多湿の環境で活発に繁殖しますので、特に夏になると症状が悪化することがあります。そのため、日本では足白癬が5月に増え始め、5人に1人は足白癬ががあるとされています。また、足白癬は年齢が上がるにつれて患者数は増えるとされています。




水虫(足白癬)の分類とその症状

水虫(足白癬)は汗疱型、趾間型、角質増殖型の3つに分類でき、その症状が少しずつ異なります。汗疱型では足の裏に小さな水膨れを生じ、水膨れが破れると皮が剥けます。趾間型では足の指の間の皮が剥けたり、白くふやけます。角質増殖型ではヒビや、アカギレのように足の裏全体が硬くなります。小水疱型や趾間型は気候が暖かくなると症状が現れ、涼しくなると自然に症状が治まります。一方で、角質増殖型は季節変動はなく、むしろ冬にひび割れて痛いこともあります。




水虫(足白癬)の検査と診断

白癬菌は皮膚の表面に存在する角層や毛、爪に寄生していることが多いので、足白癬がある部位を切り取って、顕微鏡で観察します。苛性カリ(KOH)を付け、顕微鏡で観察すると、角層や爪は溶けて白癬菌だけ見えるようになります。白癬菌がいれば足白癬の診断となります。




水虫(足白癬)の治療

足白癬には抗真菌作用を有する軟膏を用います。そして、その軟膏を自覚症状がない部分も含め、指の間から足の裏全体に塗り、最低4週間毎日治療を続ける必要があります。また、角質増殖型では角質が厚いため、軟膏だけでなく内服薬を用いる必要があります。爪に感染する爪白癬症ではさらに長い治療期間を要することが多いです。



-----------------------------------------------------------------

びやじま内科医院・大島駅前で胃腸炎症状に対して検査、治療の相談に応じています。

必要に応じて、皮膚科専門医や病院をご紹介致します。お気軽にご相談ください。

びやじま内科医院・大島駅前 

〒136-0072 東京都江東区大島5-36-7 白石ビル2階 

電話番号 03-5628-0571

-------------------------------------------------------------------

最新記事

すべて表示

帯状疱疹

帯状疱疹とは 帯状疱疹とは、水痘・帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる感染症です。初めてこの水痘・帯状疱疹ウイルスに感染したときは、水痘(水ぼうそう)として発症します。この水痘が治癒した後もウイルスは体内の神経節に潜伏感染しています。 その後、加齢やストレス、過労などが原因となって免疫力が低下すると、神経節に潜伏していたウイルスが再活性化し、痛みを伴う赤い発疹を生じます。これを帯状疱疹と言います

円形脱毛症

円形脱毛症とは 円形脱毛症の頭部から部分的に脱毛しますが、脱毛部位は一ヵ所と限らず多発することもあります。ときに頭全体の毛が抜け、さらに全身の毛が抜けることもあります。円形脱毛症の頻度は人口の1~2%と推測されています。また、円形脱毛症はどの年齢層にもいますが、患者さんの25%は15歳以下で始まり、男女差はありません。 円形脱毛症の原因 円形脱毛症の原因にストレスはありますが、必ずしも明らかなスト

蕁麻疹

蕁麻疹とは 皮膚の一部が突然に赤く盛り上がり(膨疹)、24時間以内に跡を残さず消えてしまう病気です。一つ一つの膨疹は数十分から数時間以内に消えるのが普通で発疹部位が移動するのが特徴です。半日から1日くらいまで続くものもあります。 蕁麻疹の原因 蕁麻疹の原因はアレルギー性のものと、非アレルギー性のものに分けることができます。海老やカニ、蕎麦、果物などはアレルギー性蕁麻疹の原因になることも多く、これら