逆流性食道炎

逆流性食道炎とは


逆流性食道炎は胃液や胃で消化される途中の食物が、胃から食道に逆流した結果、食道が炎症を起こし、胸やけや胸の痛みなどさまざまな症状が生じる病気です。

もともと日本人に少なかったのですが、食の欧米化に伴い患者数が増えてきています。

また逆流性食道炎の原因は食事だけでなく、加齢や肥満、姿勢などによっても起こります。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎では無症状な方もいれば、下記のような症状が出る方もいます。

1. 胸焼け:胃酸などの逆流によって、食道粘膜が炎症をきたすことによる。

2. 呑酸:胃酸が口まで上がり、酸っぱい味がする。

3. 口内炎:胃酸が口腔内に及ぶことで起こる。

4. のどの痛み:胃酸が咽頭に及ぶことで起こる。

5. 咳:胃酸が気道を刺激することで起こる。

逆流性食道炎の検査と診断

逆流性食道炎の有無は食道内pH測定や内圧測定が推奨されますが、患者の負担が大きくどこでもできる検査ではありません。そのため、上部消化管X線検査や上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)が行われます。しかし、実際には明らかな病変が見つからず、症状のみがある患者も少なくないため、症状から逆流性食道炎と診断し治療をすることもあります。

逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎の治療はリスクを回避し、必要であれば薬物療法を行います。逆流性食道炎では食後の逆流をしにくくするため、食後すぐ横になったり、脂っぽいものを食べないなどの生活指導をまず行います。それに加えて、胃酸の分泌を抑制する薬や、胃や食道の食べ物を送り出す運動強める薬、食道や胃の粘膜を保護する薬を投与します。これら治療でも症状が悪化してくる場合は外科的治療を行うこともあります。


びやじま内科医院では逆流性食道炎の診断・治療が可能です。思い当たる症状がある方は、一度ご診察にお越しください。

びやじま内科医院 大島駅前

東京都江東区大島5-36-7 白石ビル2F

​​TEL:03-5628-0571

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルスには誰でも感染し得ますが、感染後の反応は様々で、無症状の人がいれば、重症化して亡くなる方もいます。その中で、後遺症に苦しむ人々もおられます。 これはLong COVIDと言われます。20代、30代などの比較的若い患者さんで認められることが多いようです。 原因は感染時に、病原体への反応が過剰に起きるサイトカインストームと呼ばれる病態が考えられていますが、明らかにはなっていません。

睡眠時無呼吸症候群では眠っている間に一時的に呼吸が止まります。呼吸が止まると血営内の酸素濃度が下がり、息が苦しくなって覚醒する(あるいはそれを覚えていない)を繰り返して、身体に大きな負担をかけます。 睡眠時無呼吸症候群の自覚症状は不眠や眠気などですが、これが長期間になると高血圧や脳卒中、心筋梗塞、認知症などを引き起こす怖い病気です。今回はこの高血圧との関係について解説します。 【睡眠時無呼吸症候群

いびきや日中の眠気があれば、睡眠時無呼吸症候群を疑いましょう 放っておくと、様々な病気を引き起こし、生活の質も悪化させます。 今日は、当院で検査を行い、“睡眠時無呼吸症候群”と診断された場合にどのような治療が可能なのかお話します。 目次 1.根本治療と対症療法 2.生活習慣の改善 3. CPAP 4. マウスピース 【生活習慣の改善】 ダイエットだけでなく、眠前のアルコール摂取を避ける、寝る時