胃腸炎

胃腸炎とは

胃腸炎は細菌やウイルスの感染が原因で、発熱、腹痛や嘔吐、下痢などの症状が起こるものです。胃腸炎は一年を通して発症しますが、原因によっては流行時期が集中することもあります。また、食品の保管状況や不衛生な環境で調理された食事が原因となり、食中毒として集団感染することもあります。


胃腸炎の原因

胃腸炎の原因は大きく細菌性とウイルス性に分けることができます。細菌性胃腸炎として、卵や鶏肉などに生存するサルモネラ菌、豚肉などに生存するカンピロバクター菌などがあります。一方で、ウイルス性胃腸炎として、ノロウイルスやロタウイルスなどがあります。その他にも、細菌が出す毒素が原因となることもあります。胃腸炎の症状

胃腸炎では発熱や、腹部の痛みや吐き気・嘔吐、下痢などの症状が起こります。症状は比較的短期間で改善し、数日で軽快することが多いです。

急性虫垂炎(盲腸)や、急性胆嚢炎(胆石)などと区別がつきずらいこともあり、その場合は超音波検査や採血検査なども実施します。


胃腸炎の治療

胃腸炎の治療は対症療法が行われることが多く、発熱、腹痛や嘔吐、下痢など症状を和らげるための治療を行います。また、下痢や嘔吐が原因となり脱水状態となることもあるので、脱水の予防・改善のため塩分、水分の接種が推奨されます。高度な場合には点滴加療を行うこともあります。


胃腸炎の予防

胃腸炎は手指などを介して感染するため、手洗いを行うことが大切です。特に、調理や食事の前には、石鹸で手を洗いましょう。また、嘔吐物なども感染源となる恐れがあるため、適切な処理が必要です。使い捨ての手袋やマスク、エプロンを着け、処理後も石鹸で手を洗いましょう。

最新記事

すべて表示

胃潰瘍

胃潰瘍とは 胃に潰瘍ができた状況を胃潰瘍と言います。胃の先にある十二指腸にできれば、十二指腸潰瘍と言います。この胃・十二指腸潰瘍は年齢によって発症率に差があり、若い人は十二指腸潰瘍を発症することが多く、中年以降は胃潰瘍を発症することが多いです。 胃潰瘍の原因 胃潰瘍の原因の過半数がヘリコバクター・ピロリ菌が原因とされています。しかし、現在では衛生環境が改善とピロリ除菌の治療の普及のため、ピロリ菌を