ワクチンはいつ打てばいいの?これって副作用? 予防接種に関するQ&A

予防接種に関する、よくある質問をまとめてみました!

【予防接種を日中に打って、夜になったら熱が出てきた。副反応ですか?受診は必要ですか?】

副反応で熱が出ることもありますが、通常、副反応の熱であれば1~2日で下がります。現在熱だけで水分が取れ、眠れるようであれば、翌日予防接種を受けた病院を受診してください。今晩に関しては、水分をしっかり摂って、ゆっくり休みましょう。水分を摂らなくなったり、ぐったりしてきたり、様子がおかしくなるような事などがあれば、救急外来を受診してください。

 

 

【予防接種を打ったところが、痛痒く、赤く腫れてきました。どうしたらよいですか?】

副反応で局所的に赤くなって、腫れたり、痛みや痒みがでることがあります。数日の経過で赤みもかゆみもおさまってきます。ただし、腕全体に発赤、腫れが広がったり、症状が強くて夜眠れない、数日経っても良くならないような場合には、接種を受けた病院を受診しましょう。

 

 

【インフルエンザの予防接種はいつから始めたら良いですか?】

毎年、早めに接種を受けましょう。インフルエンザが流行する2週間前までに、13歳未満では2回の接種が推奨されます。したがって、11月上旬までに1回目の接種を受けるのがよいでしょう。2回目は1回目から1~4週間後になります。

 

 

【HPVワクチンって怖くないですか?】

考え方次第ですが、まずは冷静に事実を認識してもらいたいと思います。

確かに副反応で苦しむ患者さんたちがいます。彼女たちの救済は重要な課題です。しかしながら、彼女たちの呈するような症状は10代の女性では元々認められており、ワクチン接種によりその数は増えないことが示唆されております。一方で、論理的には子宮頸がんの発症抑制効果は、ほぼ確実とされメリットは非常に大きいです。そのため、先進国各国ではすでに積極的な接種が再開されていますが、日本だけが取り残されている状況です。

 

 

びやじま内科医院・大島駅前では、糖尿病内科・甲状腺内科、アレルギー科、皮膚泌尿器などの診察を行っております。
普段の風邪から、生活習慣病(糖尿病・高血圧)、不眠・ストレス、禁煙外来、アレルギー検査など、日頃体調でお悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。
都営新宿線大島駅より徒歩1分。土日診察も行っております。予約制で待ち時間もほとんどありません。
当ホームページよりご予約をお取りできます。ぜひご活用ください。

 
 
 
 

土日も診察

​駅近徒歩1分

都営新宿線

大島駅A5出口より徒歩1分

内科・呼吸器科・皮膚科・アレルギー科・泌尿器科

びやじま内科医院

〒136-0072 東京都江東区大島5-36-7白石ビル2F

​​TEL:03-5628-0571